MENU

妊娠線はできてしまったら消しにくい!!予防するにはクリームを使おう!

妊娠線の予防

娠線は妊娠による急激な体重増加に皮膚の成長が追い付かず、皮膚の深い部分から断裂してしまうことで発生します。お腹が大きくなり始める妊娠5か月前後から注意が必要です。

 

はじめは、小さな赤い斑点状になって現れ、3センチから5センチほどの赤い線になります。産後おなかが小さくなっていくのにつれて茶色っぽく変わっていきます。

 

さらに産後1年ほどで白くなり、色は薄くなりますが、シワシワになって凹みが目立つようになります。人によって1本だけできる人もいれば、おなか全体を覆う数十本の妊娠線ができる人もいます。

 

妊娠線ができるメカニズムとは?

妊娠線はどうやってできるのか

妊娠線ができるときに、出血や痛みはありませんが、カサつきやかゆみを感じる人もいるようです。妊娠中は女性ホルモンの変化の影響で、皮脂分泌が減り乾燥肌になりやすくなります

 

さらに、妊娠するとターンオーバー(細胞の生まれ変わり)を抑制するコルチコステロイドというホルモンが増加。コラーゲンやヒアルロン酸といった皮膚の弾力や柔らかさを保つための成分を減少させてしまいます

 

弾力のないものを無理やり伸ばしたり引っ張ったり、これ以上伸びないものを無理に伸ばそうとするとすると裂けやすくなりますよね?妊娠線ができるメカニズムも同じです。

 

妊娠線ができる確率は50%以上

油断して妊娠線ができてしまう前に早めの対策を!

質や生活環境によって個人差がありますが、妊娠線ができる妊婦さんの割合は50%以上という数字も出ています。

 

妊娠中はどのような体質の変化があるか、どのようにおなかが大きくなっていくかは、子どもの成長や体重管理によって異なるので予測がしづらい部分です。

 

また、妊娠線ができなかったという経産婦の方も要注意が必要です。前回の妊娠で、子宮は伸縮しやすい状態になっています

 

妊娠線ができやすい人は要注意!

妊娠線ができやすい人は要注意!

そのため、次の妊娠ではお腹が急に大きくなりやすく、予想外のスピードに対応できなかった体に、早い段階で妊娠線ができることも

 

「体質的に妊娠線ができない」と油断していると、手遅れになることもあるので気をつけましょう。

 

ほかにはもともと皮下脂肪の多い方、乾燥肌の方、骨盤が比較的小さい人の多い小柄の方、双子など複数の子どもを妊娠している方の場合にも妊娠線ができやすいといわれています。

 

>ママにも赤ちゃんにも優しい妊娠線予防クリームを探しているなら<

↓↓おすすめの妊娠線予防クリームランキングはこちらから↓↓

女性におススメのマカサプリをランキングで確認!

妊娠線は一度できると一生消えないので要注意!

妊娠線の悩み

娠線は、皮膚の角質や表皮より深いところにある真皮という部分から亀裂が入っている状態です。角質や表皮は正常な状態で約28日周期でターンオーバーが行われ、常に新しくキレイな皮膚へと生まれ変わっています。

 

ところが、真皮のターンオーバーは2〜6年というくらべものにならないほど長い時間をかけてようやく1周します。

 

産後妊娠線の色は目立たなくなりますが、しわの寄った肌の凸凹は遠目にもわかってしまうので、肌を露出するようなプールや温泉へ行くのが悩みになってしまう女性も多いようです。

 

できてしまった妊娠線を消すのは大変!

妊娠線は完全には消せない

きてしまった妊娠線を薄くするには、化粧品による保湿ケアか医療機関のレーザー治療、エステサロンでのお手入れが主になります。ただ、現時点では化粧品もレーザーも妊娠線を完全に消すことはできません

 

レーザー治療は万能だと思われがちですが、レーザーは皮膚に軽いやけどをおわせて肌が持っている治癒力を利用してキレイな肌へと生まれ変わらせる方法です。

 

妊娠線の場合は生まれ変わりに長い時間のかかる真皮のキズのため、薄くするのにもかなり時間がかかります。クリニックによって異なりますが、1か月に1度程度の頻度で5〜10回ほど通う必要があります。費用は治療する範囲によりますが、1回あたり数万円と高額です。

 

しっかりケアして妊娠線ができないように予防しよう!

しっかりケアしよう

脅すようなことばかり書いてしまいましたが、妊娠線はきちんとケアすれば徐々に薄く目立たなくなっていきます。

 

ただ、とても時間がかかり、完全に消すことは現在の技術では不可能なのです。

 

そのため、妊娠線はできてしまってからケアするより、予防の時点でしっかりケアしていくのが大切なのです。

妊娠線で悩む女性の声

 

特に何もせずに妊娠線ができなかったので油断していたら、出産直前になって一気に妊娠線ができてしまいすごく後悔しています


 

 

1人目の時はできなかったのに2人目の時は妊娠線が大量に…もう水着は着れそうにありません


 

 

がんばって産んだのに、妊娠線を見た夫は『それ何とかならないの?気持ち悪い』と言われて悲しくなりました


 

 

子育ても落ち着いてきたので、ずっと気になっていた妊娠線をレーザーで消そうと思ったら完全には消せないし金額も何十万…泣く泣くあきらめました


 

 

まさかふくらはぎにできるなんて…仕事柄スカートをよくはくのですが、恥ずかしくて本当に辛いです」


 

などなど、妊娠線ができてしまって後悔している女性の声は数えきれないほど。

 

妊娠線はお腹以外にもできる可能性が!

お腹以外にもできる妊娠線

妊娠線はおなかばかりにできるわけではありません。

 

女性ホルモンの増加によってふくらむ胸やおしり、妊娠による体重増加で脂肪のつきやすい二の腕や太もも、むくみが出やすいふくらはぎにまで現れることもあります。

 

人目に付きやすい部分にできてしまい、悩んでいるという女性も少なくありません。こういった声を聞くと、妊娠線の予防がどれだけ大切かがよくわかります。

妊娠線予防クリームに効果はあるの?

妊娠線予防クリームでしっかり予防

娠線予防クリームは、妊娠中のホルモンバランスの乱れによる肌コンディションの悪化を改善させるようなアプローチをしてくれる成分を配合しています。

 

市販の保湿クリームとの違いに悩まれる方がいますが、市販の保湿クリームは基本的に角質層にうるおいや栄養を与えることを前提にして作られています。

 

それに対し、妊娠線予防クリームは肌細胞の活性化やコラーゲン量のアップ、真皮まで働きかけるように作られています

 

妊娠線ができてしまい、消えないと言われるのは真皮から断裂してしまうからで、角質層にだけうるおいを与える保湿クリームでは予防は不十分と言えます。しっかりと予防していくなら、妊娠線予防クリームをオススメします。

 

赤ちゃんへの影響も配慮されて作られている妊娠線予防クリーム

赤ちゃんにも配慮

た、妊娠線予防クリームは、妊娠中の肌のデリケートさや、おなかに赤ちゃんのいるママが使うこともきちんと想定されています。

 

敏感になっている肌に使っても刺激がない成分を使ったり無添加にこだわったり、経皮吸収(皮膚から化粧品の成分を体内へ吸収すること)による赤ちゃんへの影響にも配慮されています。

 

最終的に妊娠線ができるかどうかは体質や環境にも左右されますが、妊娠線予防クリームを使っている方が妊娠線が軽くすんだり、産後の回復も早いケースが多いです。妊娠線ができてから後悔するより、妊娠線予防クリームでできる限りの予防ケアをすることをオススメします。

おすすめの妊娠線予防クリームランキングをチェック!


口コミで人気の妊娠線予防クリームランキング

 

プリモ

元AKB48板野友美プロデュースのKIREIMOがカリスマブロガー10人と開発した妊娠線ケアクリーム。
高保湿でべたつかないという妊娠線予防クリームに必要な条件を満たすだけでなく、脂肪分解促進効果のあるダイエット成分を配合し、妊娠線だけでなくダイエットによる肉割れ線予防にも効果が期待できます。
妊娠線のケアとともに産後のダイエットにもサポート効果が欲しい方にオススメです。

内容量 100g
成分 ライマメ種子エキス、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルテトラオリゴペプチド、グロブラリアコルジホスカルス培養エキス、ハナショウガエキス、カフェインなど
価格 7214円(税込) 送料無料
評価 星5つ

プリモの詳細はこちら プリモの公式サイトはこちら

 

ベルタ妊娠線クリーム

ヒアルロン酸やビタミンCなどの代表的な保湿成分の他、肌細胞に働きかける葉酸、コラーゲンの結びつきを強くして、肌の弾力性を高めるシラノール誘導体を配合されているのが特徴です。
さらに、出産経験のあるベルタ社員が妊娠線の悩みや疑問に答えてくれるサービスが無料で提供されており、アフターサービスを求める方にオススメです。

内容量 120g
成分 葉酸、シラノール誘導体、コラーゲン、スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体、ビタミンE、アスパラギン酸、アルギニン、グリシンなど
価格 6980円(税込) 送料無料
評価 星4.5

ベルタ妊娠線クリームの詳細はこちら ベルタ妊娠線クリームの公式ホームページへ

 

AFCストレッチマーククリーム

最大の特徴は、肌細胞に働きかける葉酸と冷えを改善するヘスペリジンを配合しているところ。妊娠中にありがちな肌のコンディション悪化と、冷えからくるむくみによる妊娠線を予防します。また、真皮のダメージを防ぎ、ターンオーバーを促進する成分も配合。肌自体を元気にして妊娠線を予防し、産後の肌ケアやできてしまった妊娠線のケアにも使用できます。お得に妊娠線予防ケアを始めたい方、冷えとむくみからくる妊娠線が心配という方におすすめです。

内容量 120g
成分 葉酸、ヘスペリジン、ライマメ種子エキス、ダーマクロレラ、アラントインなど
価格 3024円(税込) 送料無料
評価 星4.5

AFCストレッチマーククリームの詳細はこちら AFCストレッチマーククリームの公式ホームページへ

 

プラジェントラ クリームプラス

美容大国・韓国で開発され15年間愛されてきた商品です。ノーベル賞受賞成分のEGF、コラーゲン量をアップするFGF、ヒアルロン酸の100の保水力を持つPGAを配合。
肌自体を健やかで柔軟性のある状態に整え、妊娠線を予防・改善します。日本製にこだわらず、ロングセラーでリピート率も高い製品を試してみたいという方にオススメです。

内容量 130g
成分 EGF、FGF、PGA、甘草根、緑茶エキス、椿油、ユーカリ葉エキス、ユズ果実エキスなど
価格 7020円(税込) 送料無料
評価 星4つ

プラジェントラ クリームプラスの詳細はこちら プラジェントラ クリームプラスの公式ホームページへ

 

AMOMA マタニティーベリーオイル

100%天然素材で作られた妊娠線予防のためのオイルです。肌の負担になる合成香料や保存料を一切使用せず、日本人の肌に合う米ぬかを原料にしたライスオイルと保湿力の高いマカダミアナッツオイルを主原料として作られており、オイルを使ったことがない方や肌への刺激が気になる方も気軽に使えるオイルです。
内容量 160ml
成分 ライスオイル、マカダミアナッツオイル、パルマローザ精油、フランキンセンス精油、マンダリン精油、コメヌカ油、マカデミア種子油、ニュウコウジュ油、パルマローザ油、マンダリンオレンジ果皮油など
価格 2159円(税込) 送料450円
評価 星3.5

AMOMA マタニティーベリーオイルの詳細はこちら AMOMA マタニティーベリーオイルの公式ホームページへ

 

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

妊娠線予防というより、妊娠線、肉割れ線、肌のたるみやデコボコなど、妊娠やダイエットによる肌トラブルをオールマイティにケアしてくれるクリームです。
新型ビタミンC誘導体によるコラーゲンの生成促進、エコサート認証オーガニック成分の使用、界面活性剤を使わないなど、妊婦さんのデリケートな肌に使うのも安心のお品です。
オーガニックコスメに興味がある方や、できるだけ肌に優しいものを選びたい方におすすめです。

内容量 150g
成分 APPS、FGF、生シアバター、アボカド、ベントナイトなど
価格 6980円(税込) 送料540円
評価 星3つ
ノコア アフターボディトリートメントクリームの詳細はこちら ノコア アフターボディトリートメントクリームの公式ホームページへ