MENU

妊娠線予防クリームの正しい使い方について詳しくご説明します


口コミで人気の妊娠線予防クリームランキング

 

プリモ

元AKB48板野友美プロデュースのKIREIMOがカリスマブロガー10人と開発した妊娠線ケアクリーム。
高保湿でべたつかないという妊娠線予防クリームに必要な条件を満たすだけでなく、脂肪分解促進効果のあるダイエット成分を配合し、妊娠線だけでなくダイエットによる肉割れ線予防にも効果が期待できます。
妊娠線のケアとともに産後のダイエットにもサポート効果が欲しい方にオススメです。

内容量 100g
成分 ライマメ種子エキス、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルテトラオリゴペプチド、グロブラリアコルジホスカルス培養エキス、ハナショウガエキス、カフェインなど
価格 7214円(税込) 送料無料
評価 星5つ

プリモの詳細はこちら プリモの公式サイトはこちら

 

ベルタ妊娠線クリーム

ヒアルロン酸やビタミンCなどの代表的な保湿成分の他、肌細胞に働きかける葉酸、コラーゲンの結びつきを強くして、肌の弾力性を高めるシラノール誘導体を配合されているのが特徴です。
さらに、出産経験のあるベルタ社員が妊娠線の悩みや疑問に答えてくれるサービスが無料で提供されており、アフターサービスを求める方にオススメです。

内容量 120g
成分 葉酸、シラノール誘導体、コラーゲン、スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体、ビタミンE、アスパラギン酸、アルギニン、グリシンなど
価格 6980円(税込) 送料無料
評価 星4.5

ベルタ妊娠線クリームの詳細はこちら ベルタ妊娠線クリームの公式ホームページへ

 

AFCストレッチマーククリーム

最大の特徴は、肌細胞に働きかける葉酸と冷えを改善するヘスペリジンを配合しているところ。妊娠中にありがちな肌のコンディション悪化と、冷えからくるむくみによる妊娠線を予防します。また、真皮のダメージを防ぎ、ターンオーバーを促進する成分も配合。肌自体を元気にして妊娠線を予防し、産後の肌ケアやできてしまった妊娠線のケアにも使用できます。お得に妊娠線予防ケアを始めたい方、冷えとむくみからくる妊娠線が心配という方におすすめです。

内容量 120g
成分 葉酸、ヘスペリジン、ライマメ種子エキス、ダーマクロレラ、アラントインなど
価格 3024円(税込) 送料無料
評価 星4.5

AFCストレッチマーククリームの詳細はこちら AFCストレッチマーククリームの公式ホームページへ

 

プラジェントラ クリームプラス

美容大国・韓国で開発され15年間愛されてきた商品です。ノーベル賞受賞成分のEGF、コラーゲン量をアップするFGF、ヒアルロン酸の100の保水力を持つPGAを配合。
肌自体を健やかで柔軟性のある状態に整え、妊娠線を予防・改善します。日本製にこだわらず、ロングセラーでリピート率も高い製品を試してみたいという方にオススメです。

内容量 130g
成分 EGF、FGF、PGA、甘草根、緑茶エキス、椿油、ユーカリ葉エキス、ユズ果実エキスなど
価格 7020円(税込) 送料無料
評価 星4つ

プラジェントラ クリームプラスの詳細はこちら プラジェントラ クリームプラスの公式ホームページへ

 

AMOMA マタニティーベリーオイル

100%天然素材で作られた妊娠線予防のためのオイルです。肌の負担になる合成香料や保存料を一切使用せず、日本人の肌に合う米ぬかを原料にしたライスオイルと保湿力の高いマカダミアナッツオイルを主原料として作られており、オイルを使ったことがない方や肌への刺激が気になる方も気軽に使えるオイルです。
内容量 160ml
成分 ライスオイル、マカダミアナッツオイル、パルマローザ精油、フランキンセンス精油、マンダリン精油、コメヌカ油、マカデミア種子油、ニュウコウジュ油、パルマローザ油、マンダリンオレンジ果皮油など
価格 2159円(税込) 送料450円
評価 星3.5

AMOMA マタニティーベリーオイルの詳細はこちら AMOMA マタニティーベリーオイルの公式ホームページへ

 

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

妊娠線予防というより、妊娠線、肉割れ線、肌のたるみやデコボコなど、妊娠やダイエットによる肌トラブルをオールマイティにケアしてくれるクリームです。
新型ビタミンC誘導体によるコラーゲンの生成促進、エコサート認証オーガニック成分の使用、界面活性剤を使わないなど、妊婦さんのデリケートな肌に使うのも安心のお品です。
オーガニックコスメに興味がある方や、できるだけ肌に優しいものを選びたい方におすすめです。

内容量 150g
成分 APPS、FGF、生シアバター、アボカド、ベントナイトなど
価格 6980円(税込) 送料540円
評価 星3つ
ノコア アフターボディトリートメントクリームの詳細はこちら ノコア アフターボディトリートメントクリームの公式ホームページへ

妊娠線予防クリームはいつから使うの?など使い方について詳細をご紹介記事一覧

 

妊娠線は一度できてしまうとレーザー治療でも完全に消すことはできないため、予防のケアが大切です。妊娠線は妊娠による急激な体重増加に皮膚の成長が追い付かず、真皮という深い部分からダメージを負うことでできるキズのようなもの。真皮のターンオーバーは2〜6年かけてやっと1サイクルと、とても長い時間をかけているため、レーザーで肌の新陳代謝を促してもなかなか効果が出てくれないのです。妊娠線予防クリームはいつから...

 
 

妊娠線予防クリームの塗り方は、基本的にはボディケア用の保湿クリームと同じように手に取って気になる部分に伸ばすだけです。特別なケアが必要ではなく、普段から手足の保湿をしていた方には慣れたものだと思います。まずは妊娠線予防クリームの基本的な使い方のポイントからご紹介します。たっぷり使おう!妊娠線予防クリームはドラッグストアなどで売っているボディケア用の保湿クリームと比べるとちょっとお高めなお値段で、「...

 
 

妊娠線予防クリームはスキンケアの1アイテムでお薬とは違うので、具体的に一日に何回塗るのが正しいという正解はありません。極論を言ってしまうと、使う方が塗りたい時に適量を使用するものです。ただ、妊娠線クリームの目的は、妊娠中にホルモンバランスの乱れやターンオーバーの遅れによって乾燥や皮膚の弾力が失われがちな肌に栄養を与えて柔らかく弾力のある肌を作ることです。そのため、できれば一日二回、朝と晩に使うこと...

 
 

妊娠線予防クリームが余ると何に使おうか悩む方も多いのではないでしょうか?保湿効果が高いからと乳液やクリームの代わりに顔に使うという方も少なくないようです。ただ、ボディ用として作られたものと顔用として作られたものでは成分や使用感が違うため、顔用として使うのはあまりオススメはできません。妊娠線予防クリームは基本的にボディ用特に、妊娠線予防クリームは、妊娠中の乾燥や皮膚の断裂を防ぐために顔に使う化粧品よ...

 
 

妊娠線予防クリームは、基本的には出産前に使うことで妊娠線を予防するためのものです。でも、どんなに気を付けていても妊娠線ができてしまうということは珍しくなく、そんな時は産後も妊娠線予防クリームを使い続けるのがオススメです。妊娠線を早く薄くできる可能性がある妊娠線はよく「一度できてしまったものは消せない」と言われていますが、時間をかければ薄くしたり目立なくさせることは可能です。妊娠線が消せないと言われ...

 
 

妊娠線と言えばおなかに出るものと思っている方が多いのではないでしょうか?確かに、妊娠すると一番目立ってふくらむのはお腹ですが、他にも妊娠によって急激にふくらみ妊娠線でできる可能性のある場所があります。妊婦さんの中にはお腹ばかり妊娠線を気にしてケアしていたけれど、産後にあちこちに妊娠線ができているのを見つけてショックを受けたという方も少なくありません。今回は妊娠線予防クリームをどこへ塗るべきか、チェ...