MENU

妊娠線ができる時期や痛いのかなど妊娠線について詳しくご説明します


口コミで人気の妊娠線予防クリームランキング

 

プリモ

元AKB48板野友美プロデュースのKIREIMOがカリスマブロガー10人と開発した妊娠線ケアクリーム。
高保湿でべたつかないという妊娠線予防クリームに必要な条件を満たすだけでなく、脂肪分解促進効果のあるダイエット成分を配合し、妊娠線だけでなくダイエットによる肉割れ線予防にも効果が期待できます。
妊娠線のケアとともに産後のダイエットにもサポート効果が欲しい方にオススメです。

内容量 100g
成分 ライマメ種子エキス、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルテトラオリゴペプチド、グロブラリアコルジホスカルス培養エキス、ハナショウガエキス、カフェインなど
価格 7214円(税込) 送料無料
評価 星5つ

プリモの詳細はこちら プリモの公式サイトはこちら

 

ベルタ妊娠線クリーム

ヒアルロン酸やビタミンCなどの代表的な保湿成分の他、肌細胞に働きかける葉酸、コラーゲンの結びつきを強くして、肌の弾力性を高めるシラノール誘導体を配合されているのが特徴です。
さらに、出産経験のあるベルタ社員が妊娠線の悩みや疑問に答えてくれるサービスが無料で提供されており、アフターサービスを求める方にオススメです。

内容量 120g
成分 葉酸、シラノール誘導体、コラーゲン、スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体、ビタミンE、アスパラギン酸、アルギニン、グリシンなど
価格 6980円(税込) 送料無料
評価 星4.5

ベルタ妊娠線クリームの詳細はこちら ベルタ妊娠線クリームの公式ホームページへ

 

AFCストレッチマーククリーム

最大の特徴は、肌細胞に働きかける葉酸と冷えを改善するヘスペリジンを配合しているところ。妊娠中にありがちな肌のコンディション悪化と、冷えからくるむくみによる妊娠線を予防します。また、真皮のダメージを防ぎ、ターンオーバーを促進する成分も配合。肌自体を元気にして妊娠線を予防し、産後の肌ケアやできてしまった妊娠線のケアにも使用できます。お得に妊娠線予防ケアを始めたい方、冷えとむくみからくる妊娠線が心配という方におすすめです。

内容量 120g
成分 葉酸、ヘスペリジン、ライマメ種子エキス、ダーマクロレラ、アラントインなど
価格 3024円(税込) 送料無料
評価 星4.5

AFCストレッチマーククリームの詳細はこちら AFCストレッチマーククリームの公式ホームページへ

 

プラジェントラ クリームプラス

美容大国・韓国で開発され15年間愛されてきた商品です。ノーベル賞受賞成分のEGF、コラーゲン量をアップするFGF、ヒアルロン酸の100の保水力を持つPGAを配合。
肌自体を健やかで柔軟性のある状態に整え、妊娠線を予防・改善します。日本製にこだわらず、ロングセラーでリピート率も高い製品を試してみたいという方にオススメです。

内容量 130g
成分 EGF、FGF、PGA、甘草根、緑茶エキス、椿油、ユーカリ葉エキス、ユズ果実エキスなど
価格 7020円(税込) 送料無料
評価 星4つ

プラジェントラ クリームプラスの詳細はこちら プラジェントラ クリームプラスの公式ホームページへ

 

AMOMA マタニティーベリーオイル

100%天然素材で作られた妊娠線予防のためのオイルです。肌の負担になる合成香料や保存料を一切使用せず、日本人の肌に合う米ぬかを原料にしたライスオイルと保湿力の高いマカダミアナッツオイルを主原料として作られており、オイルを使ったことがない方や肌への刺激が気になる方も気軽に使えるオイルです。
内容量 160ml
成分 ライスオイル、マカダミアナッツオイル、パルマローザ精油、フランキンセンス精油、マンダリン精油、コメヌカ油、マカデミア種子油、ニュウコウジュ油、パルマローザ油、マンダリンオレンジ果皮油など
価格 2159円(税込) 送料450円
評価 星3.5

AMOMA マタニティーベリーオイルの詳細はこちら AMOMA マタニティーベリーオイルの公式ホームページへ

 

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

妊娠線予防というより、妊娠線、肉割れ線、肌のたるみやデコボコなど、妊娠やダイエットによる肌トラブルをオールマイティにケアしてくれるクリームです。
新型ビタミンC誘導体によるコラーゲンの生成促進、エコサート認証オーガニック成分の使用、界面活性剤を使わないなど、妊婦さんのデリケートな肌に使うのも安心のお品です。
オーガニックコスメに興味がある方や、できるだけ肌に優しいものを選びたい方におすすめです。

内容量 150g
成分 APPS、FGF、生シアバター、アボカド、ベントナイトなど
価格 6980円(税込) 送料540円
評価 星3つ
ノコア アフターボディトリートメントクリームの詳細はこちら ノコア アフターボディトリートメントクリームの公式ホームページへ

妊娠線はなぜできるのか?など疑問点について詳細をご紹介記事一覧

 

妊娠線は、妊娠によってお腹などが急激に大きくなることで皮膚の成長が追い付かずできてしまう線状のキズのようなものです。急激なダイエットや体重の増加でできる肉割れ線と見た目は同じです。妊娠線というとお腹にできると思っている方が多いのですが、お尻、太もも、胸などの妊娠によって大きくなる部分、むくみやすいふくらはぎなどに妊娠線ができる可能性があります。妊婦さん全てに妊娠線ができるわけではありませんが、約半...

 
 

妊娠線は妊娠による急激な体重増加による皮膚の伸びや、肌の弾力や再生力を低下させるホルモンの分泌が増えることで起こるトラブルです。皮膚の深い部分、真皮から細胞が断裂してできる妊娠線は、一度できてしまうとなかなか消えてくれません。現在の技術では化粧品でもレーザー治療でも完全には取り除けないと言われているほどです。そのため妊娠が判明した時点からケアを始めるのがオススメです。妊娠線のできる場所についてです...

 
 

妊娠線は妊娠による急激な体重増加やターンオーバーを抑制するコルチコステロイドというホルモンの分泌によって、皮膚の深い部分にある真皮という部分から皮膚細胞が分裂してしまうことでできます。妊娠線ができ始めた時は、アザやひっかき傷のような赤い線状にできるため、見た目が痛々しいのですがこれといって強い痛みを感じたり出血をともなうことはありません。また、赤みも出産後に徐々に落ち着いていき、1年ほどたつと白い...

 
 

妊娠線の予防法として有名なのが、妊娠線を予防することを目的としたクリームなどの保湿アイテムです。妊娠線ができるのは、妊娠による急激な体重増加によって皮膚が伸びてしまうことと、妊娠によって肌の成長を抑制するコルチコステロイドというホルモンの分泌量が増加することが原因です。妊娠線予防クリームは外側からのアプローチとして、肌の再生力や保湿力を補ってあげるものです。使用感は普通の保湿クリームと変わりません...

 
 

女性にとって、妊娠・出産は一大イベント。これから幸せが生活が待っているとワクワクされている方が多いと思います。しかし、産後は妊娠中とは違ったホルモンバランスの急激な変化による肌や髪のトラブルや妊娠線など、妊娠前の自分とはかけ離れた状態にショックを受ける方も少なくありません。産後のホルモンバランスの乱れは約1年ほどで落ち着き、肌荒れや脱け毛が徐々に減っていき元通りになるのに対して、妊娠線は一度できて...

 
 

妊娠線は一度できてしまうと二度と消すことができないと言われています。気を付けているつもりでも、産後に妊娠線を見つけて落ち込んでしまう女性も少なくありません。妊娠線ができるメカニズムは、妊娠によって急激に体重が増えるのに皮膚の伸びが追いつかず、深い部分にある真皮から皮膚細胞が分裂してしまうというものです。経産婦は一度お腹の皮膚が伸びているから妊娠線ができにくい、または一人目の時はできなかったなら大丈...

 
 

妊娠線ができる人の割合は5〜8割ほどと言われ、半数以上の妊婦さんができる可能性があるということになります。また、一人目の時はできなくても二人目の時にできてしまうということも珍しくありません。妊娠中、お腹が大きくなるにつれて赤い痣のような色をしていた妊娠線も、産後お腹がしぼんでいくにつれて徐々に色が白っぽくなり、1年ほどたつと赤みが完全になくなり目立ちにくくなっていきます。しかし、できてしまった妊娠...

 
 

妊娠線は急激な皮膚の伸びによってできるものです。伸びた部分の皮膚は薄くなっているため、その下にある毛細血管が透けてしまい、アザのような赤紫色になってしまいます。少々ショッキングな見た目なので、異常があるのでは?と心配される方がいますが、産後にお腹がしぼんでいくのに合わせて徐々に赤茶色から白っぽくなり、くぼみが生じてきます。産後、約1年ほどで色が白っぽくなるため時間がたてば目立たなくなるようにも感じ...

 
 

統計によると、妊娠線ができてしまう妊婦さんは50〜80%と言われており、高確率でできる可能性があることがわかります。必ずできるわけではなく、仮にできたとしてもごく軽いもので産後はほぼ目立たなくなったという方もいますが、広範囲にひどい妊娠線ができて悩んでいる女性も多いです。また、妊娠線というとお腹にできるイメージがありますが、太もも、おしり、二の腕、胸、ふくらはぎにも妊娠線ができる可能性があります。...

 
 

妊娠線について調べてみると、クリニックやエステのレーザーを使用しても妊娠線を完全に消すことは、無理だと言われていることがわかります。なぜかというと、妊娠線は表皮より深い真皮と言う部分に受けたダメージだからです。よく「ピーリングでシミやニキビ跡が消えた」という体験談がありますが、シミやニキビ跡は皮膚の外側にある表皮にできた色素沈着だからです。妊娠線がダメージを受ける真皮のターンオーバーは2〜6年かけ...