MENU

妊娠線ができる場所とは?意外な場所にもできる可能性が!

娠線は妊娠による急激な体重増加による皮膚の伸びや、肌の弾力や再生力を低下させるホルモンの分泌が増えることで起こるトラブルです。皮膚の深い部分、真皮から細胞が断裂してできる妊娠線は、一度できてしまうとなかなか消えてくれません。

 

現在の技術では化粧品でもレーザー治療でも完全には取り除けないと言われているほどです。そのため妊娠が判明した時点からケアを始めるのがオススメです。

 

妊娠線のできる場所についてですが、妊娠中に目立つのはお腹のふくらみということからお腹にできるものだと思っている方が多いのではないでしょうか?実は妊娠線ができる可能性がある場所はお腹以外にもたくさんあります

妊娠線ができやすい場所

 

  • おなか
  • おしり
  • ふともも
  • 二の腕
  • ふくらはぎ

 

このような部分が妊娠線ができやすい場所と言われています。

 

どうしてお腹以外にもできるの?

胸、おしりは妊娠によって大きくなる

胸は母乳を与えるために乳腺が発達し、出産が近づくにつれてどんどん大きくなっていきます。個人差はありますが、人によっては3カップ以上大きくなったという方もいるほどです。

 

また、おしりは妊娠によって女性ホルモンの分泌量が増えることで大きくなりやすい他、出産に備えて骨盤が広がることも関係しています。

 

骨盤が広がると腰のあたりの浮き輪と呼ばれる部分にも妊娠線ができやすくなるので、おしりに妊娠線予防クリームなどを使う場合は腰にも使うようにしましょう

 

ふともも、二の腕は柔らかいからできやすい

太ももや二の腕の内側はあまり筋肉が付いておらず、皮膚も薄いので他の部分よりも触った感じが柔らかいですよね。柔らかいということはお肉が付きやすく、妊娠中の体重増加によって皮膚が伸びやすい部分ということです。

 

大きくなる部分はお腹がメインなのでふとももや二の腕は気づきにくく、産後に妊娠線を発見して後悔するというケースも多いです。

 

ふくらはぎはむくみが原因

妊娠中は増加した女性ホルモンの働きによってふくらはぎがむくみやすくなります。生理前に体がむくむのと同じメカニズムです。むくみが長期間続くため、ふくらはぎの後ろ側に妊娠線ができやすくなります

 

おなかは広範囲で注意!

妊娠中にもっとも大きくなる部分と言えばやはりお腹です。特に出産が近づくと赤ちゃんがだんだん下へ降りてきて骨盤も開いていきます。

 

大きくなったおなかで見えにくいお腹の下側や、脚の付け根あたりにも妊娠線ができやすくなるため、おなかの周りは広範囲で妊娠線予防のケアをしましょう。


口コミで人気の妊娠線予防クリームランキング

 

プリモ

元AKB48板野友美プロデュースのKIREIMOがカリスマブロガー10人と開発した妊娠線ケアクリーム。
高保湿でべたつかないという妊娠線予防クリームに必要な条件を満たすだけでなく、脂肪分解促進効果のあるダイエット成分を配合し、妊娠線だけでなくダイエットによる肉割れ線予防にも効果が期待できます。
妊娠線のケアとともに産後のダイエットにもサポート効果が欲しい方にオススメです。

内容量 100g
成分 ライマメ種子エキス、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルテトラオリゴペプチド、グロブラリアコルジホスカルス培養エキス、ハナショウガエキス、カフェインなど
価格 7214円(税込) 送料無料
評価 星5つ

プリモの詳細はこちら プリモの公式サイトはこちら

 

ベルタ妊娠線クリーム

ヒアルロン酸やビタミンCなどの代表的な保湿成分の他、肌細胞に働きかける葉酸、コラーゲンの結びつきを強くして、肌の弾力性を高めるシラノール誘導体を配合されているのが特徴です。
さらに、出産経験のあるベルタ社員が妊娠線の悩みや疑問に答えてくれるサービスが無料で提供されており、アフターサービスを求める方にオススメです。

内容量 120g
成分 葉酸、シラノール誘導体、コラーゲン、スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体、ビタミンE、アスパラギン酸、アルギニン、グリシンなど
価格 6980円(税込) 送料無料
評価 星4.5

ベルタ妊娠線クリームの詳細はこちら ベルタ妊娠線クリームの公式ホームページへ

 

AFCストレッチマーククリーム

最大の特徴は、肌細胞に働きかける葉酸と冷えを改善するヘスペリジンを配合しているところ。妊娠中にありがちな肌のコンディション悪化と、冷えからくるむくみによる妊娠線を予防します。また、真皮のダメージを防ぎ、ターンオーバーを促進する成分も配合。肌自体を元気にして妊娠線を予防し、産後の肌ケアやできてしまった妊娠線のケアにも使用できます。お得に妊娠線予防ケアを始めたい方、冷えとむくみからくる妊娠線が心配という方におすすめです。

内容量 120g
成分 葉酸、ヘスペリジン、ライマメ種子エキス、ダーマクロレラ、アラントインなど
価格 3024円(税込) 送料無料
評価 星4.5

AFCストレッチマーククリームの詳細はこちら AFCストレッチマーククリームの公式ホームページへ

 

プラジェントラ クリームプラス

美容大国・韓国で開発され15年間愛されてきた商品です。ノーベル賞受賞成分のEGF、コラーゲン量をアップするFGF、ヒアルロン酸の100の保水力を持つPGAを配合。
肌自体を健やかで柔軟性のある状態に整え、妊娠線を予防・改善します。日本製にこだわらず、ロングセラーでリピート率も高い製品を試してみたいという方にオススメです。

内容量 130g
成分 EGF、FGF、PGA、甘草根、緑茶エキス、椿油、ユーカリ葉エキス、ユズ果実エキスなど
価格 7020円(税込) 送料無料
評価 星4つ

プラジェントラ クリームプラスの詳細はこちら プラジェントラ クリームプラスの公式ホームページへ

 

AMOMA マタニティーベリーオイル

100%天然素材で作られた妊娠線予防のためのオイルです。肌の負担になる合成香料や保存料を一切使用せず、日本人の肌に合う米ぬかを原料にしたライスオイルと保湿力の高いマカダミアナッツオイルを主原料として作られており、オイルを使ったことがない方や肌への刺激が気になる方も気軽に使えるオイルです。
内容量 160ml
成分 ライスオイル、マカダミアナッツオイル、パルマローザ精油、フランキンセンス精油、マンダリン精油、コメヌカ油、マカデミア種子油、ニュウコウジュ油、パルマローザ油、マンダリンオレンジ果皮油など
価格 2159円(税込) 送料450円
評価 星3.5

AMOMA マタニティーベリーオイルの詳細はこちら AMOMA マタニティーベリーオイルの公式ホームページへ

 

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

妊娠線予防というより、妊娠線、肉割れ線、肌のたるみやデコボコなど、妊娠やダイエットによる肌トラブルをオールマイティにケアしてくれるクリームです。
新型ビタミンC誘導体によるコラーゲンの生成促進、エコサート認証オーガニック成分の使用、界面活性剤を使わないなど、妊婦さんのデリケートな肌に使うのも安心のお品です。
オーガニックコスメに興味がある方や、できるだけ肌に優しいものを選びたい方におすすめです。

内容量 150g
成分 APPS、FGF、生シアバター、アボカド、ベントナイトなど
価格 6980円(税込) 送料540円
評価 星3つ
ノコア アフターボディトリートメントクリームの詳細はこちら ノコア アフターボディトリートメントクリームの公式ホームページへ